車査定

車の査定のアレコレ お得に買ってくれる買取業者はどこ?

車査定、車を高く売る方法こんな時の車査定は?車検証・登録票の紛失

車検証や登録票を紛失して手元にないとき、こんなときは車の査定はどうなるのでしょうか?

このような場合はけっこう多くて、「車検切れ名義変更」を行います。

その手続きの仕方は、まず、必要書類を揃えますが、必要な書類は、「車検証(抹消登録証明書)」「納税証明書」「委任状」「譲渡証明書」「印鑑証明」以上を揃えて、「印鑑証明」「車庫証明を取ります。
印鑑証明は市、または区役所で発行してもらい、車庫証明は住んでいる地域の警察署で発行してもらいます。

名義変更をするには車検が取れていないと名意義変更が出来ませんから、さきに車を買ってもらう買取業者などで車検を取るのですが、車検場まで車を移動させるために公道を走りますから仮ナンバーを取る必要があります。そのときには自賠責を25ヶ月かけます。25ヶ月の理由は、自賠責は次の車検満了日までカバーされていなければ車検が取れません。運行日の当日に車検を受けて、もし、その日に車検が通らなかった場合、自賠責をかけ直さなければならなくなってしまいますから、その損失を防ぐためです。

そして、「車検証(抹消登録証明書)」「自賠責証明書」「免許証」「印鑑」を持参して、市役所、あるいは区役所で仮ナンバーを受けます。その際、仮ナンバーだけでも移動できますが、安心のために任意保険をかけておくことをおススメします。
そして、仮ナンバーと必要な書類を持って車を持ちに行き、いよいよ査定!という流れになります。

世の中には車検証はあっても車が盗難に遭っていてないとか、車検が切れているが抹消登録ができない自動車や、解体はされているのに抹消登録できない車などがかなりあります。
しかし、そのような車でもそのままにしておくと、自動車等税がしっかりかかってきてしまいます。
そのため「課税保留」という手続きを取ることで自動車税は免れます。


この課税保留に関しては、市町村によって認められる範囲と認められない範囲他、様々な決まりが違いますので、該当するかどうかは自動車税事務所で聞いてみることをおススメします。
買取業者に相談しても教えてくれると思いますし、廃車手続きを代行してくれるようなところに相談するのもいいでしょう。とにかくそのままにしておかないで、無駄な税金を払わずにすむように手続きをとることをおススメします。

東日本大震災の被災地では、車も津波で流されたり、例え流されなくても乗れなくなった車が大量に発生しているため、「東日本大震災に係る自動車税課税保留申請書」という特別なものが用意されて対応しています。

車検証・登録票の紛失がない車の査定はとかく面倒なものです。
買取業者にお願いすれば、車検証や登録証のない車も、廃車しかない車の廃車手続きも全てやってくれます。そのうえ、廃車しかない車でも廃車料をはらうどころか、査定してくれてたとえ僅かでもお金までもらえます。
素人がやれば複雑で面倒な手続きも簡単にやってくれますから、信頼できる買取業者を選んで全ておまかせ!というのもありと言えるでしょう。

≪注目≫ 車を一括査定で高値で売りたい方はこちら ≫
あなたの車、もっと高く売れます!






10


Copyright (C) 自動車査定士が暴露! 車を高く売る方法 All rights reserved  利用規約運営企業