車査定

車の査定のアレコレ お得に買ってくれる買取業者はどこ?

車査定、車を高く売る方法車の買取をしてくれるところ、ディーラー

車の査定なんて、
相場があるのだからどこに出しても同じと思っていませんか?


下取りで車の査定をしてもらう時、新車を購入するディーラーが決まっていればそのディーラーから、中古車を買うのであれば中古車販売店などに出してそれまで使っていた車を査定してもらいます。そしてディラーなどから出された査定額に納得がいけばそのまま、新しく買う車の購入費の一部に充てるというものです。

「ディーラーは、査定額を高くして、新しい車を買ってもらおうとする!」と、思いがちですが、決してそうではありません。私も長いことそう思い込んでいました。
しかし、車の下取りをディーラーに依頼すれば、ディーラーの言い値で決まってしまうことが多いのです。

車の買い替えをするディーラーは決まっていても、販売ディーラーと車買取専門業者の両方にて査定を実施もらい、その査定額を比較されることをお勧めします。

知人に、ある車が気に入っていて、同じメーカーの車を乗り続けている人がいます。
そして新車に乗り換えるときは、いつもそれまでの車の下取りもディーラーさんに出して、査定もディーラーさんまかせです。

その知人は、案外査定で損をしていると思うので、お節介ながらその人に言ってみました。

そしてその知人に言うのには、自動車会社の決算期などは、ディーラーも新車販売台数の売り上げに必死になるので、大幅な値引きをしてくれるといいます。
だから買い替え時は自動車会社の決算期に合わせて買い換えているそうです。
しかし、本人が気が付かないだけで、下取り額と値引き額の調整を上手にやってごまかされてしまってることが多い気がします。

ただ、決算時期は営業マンも新車を売ろうと頑張っているので、交渉事の得意な人は上手くいくようです。
でも、私は自分のことを交渉能力0と思っていますから、まっすぐ買取業者に行きます。
ディーラーの担当の営業マンも、「ウチへ出すより、買取業者の方が高く査定してくれるかも」なんてと言ってました。それが本音だと思います。

私の友人も車を買い替えるときは、いつも新しく買う車のディーラーの査定価格のまま下取りに出しています。だいぶ損をしていると思いますが、彼女に言っても無駄なのでいいません。

彼女は、あるヘアーウイッグのセールスマンが自宅に来て、60万円というそのウイッグを買うのに躊躇したものの、その男性セールスマンがあまりにいい男なので、断りきれなくて買ったということを聞いています。だから彼女に損得を言っても無駄でしょうし、損とわかってしていることですから、言うだけ野暮でしょう。それが彼女のお金の価値観で、そしてその車にご機嫌で乗っているのですからいいのです。

ご機嫌と言えば、私のような貧乏人は、少しでも車の査定で良い価格でつけてもらうと、最高にご機嫌になります。「やった〜!」と舞い上がりもします。

女性は車のことなんてよくわからないからと、始めから考えもしないでどこでもいいという感じで査定に出してしまいがちです。
でも、ネットで検索すれば簡単にお得な業者が探せますし、家にいながら出来てしまうのですから、頑張って検索してみてください。
あなたの車、もっと高く売れます!






10


Copyright (C) 自動車査定士が暴露! 車を高く売る方法 All rights reserved  利用規約運営企業