車査定

車の査定のアレコレ お得に買ってくれる買取業者はどこ?

車査定、車を高く売る方法高く車査定をしてもらうコツ、高値で売れる時期

車の査定なんて、
相場があるのだからどこに出しても同じと思っていませんか? 


クルマを買取に出す時期によって、高値で売れる時期とそうでない時期があります。

車が不調になって、出す時期を選んでいられない場合を除いては、高く査定してもらえるその時期に合わせてだし、しっかり高額な査定をしてもらうことをお勧めします。
クルマにも「旬」があるのです。この旬の時期に旬のクルマを買取に出すことで、買取金額が上がるのですからお得です。車が高額で売れる旬の時期というのは、2月〜5月です。

この時期は中古車が良く売れます。
2月〜5月のこの時期は、新しく会社に入る人も多いですし、転勤に伴う引っ越しも多く、新しい生活に備えて気分も一新しようと思う人も多く、中古車がよく売れるそうです。

需要と供給の関係で、必然的に下取りに出される車の査定額も高くなります。

足代わりに求める人も多いため、軽自動車などの日常的に使いやすい車ほど、この旬の時期には価格が上がります。他に、季節と関係して査定額が上がる車もあります。春先の軽自動車とか、夏のオープンカーなどの他、冬には4WDやFFなどが高査定額が望めます。

これらの車は需要に合わせて値段が上がる傾向がはっきり出ます。
しかし、そのことだけに気を取られていたら失敗します。たしかに春先は軽自動車の需要が上がって高く売りやすいからといっても、その間に自分の車の年式が古くなったり走行距離が上がれば、その分低い査定額で算出されます。

春先に今よりも値段が上がるからといっても、その時期の相場自体はあがっても、自分の車の査定額は下がってしまいます。

なかなか難しいものですが、ある査定士さんに「車が一番高く売れる時期はいつですか?」と聞いたら、「今」と言われました。ですから、「旬」の定義も100%その限りでは無いときもあるようです。

例えば、軽自動車を売ろうとします。しかし、もしあと1、2週間で4月になるとかでしたら、「今」でなくちょっと待ってみる必要もあるかもしれません。市場の相場が上がれば、査定の額もそれに伴って比例して上がるはずです。

また、車を売る人が多い時期というのがあります。その時期は5〜6月、11〜12月ということが統計で出ています。5〜6月は引越しや結婚の関係で、新生活に合わせて、新しく車を買ったり、買い替えたりする人が多いためです。

11〜12月は、年末資金の不足の関係で、車を手放すといったユーザーが多いことが統計結果からわかっています。車の査定額が高くなるのとは反対に、車の査定額が「安くなる時期」というのがあります。

車を売るにあたっては、この時期だけは絶対避けたいものです。車の査定額が下がる魔の時期は、翌年になると年式が1年古くなってしまう、11月〜12月です。12下旬の査定額は10万円単位で下がることがあると言われています。

愛車下取りに出すときは、この時期だけは外して買取に出したいものです。ただ、4WDやFFなど冬場強い車はこの時期人気が上がり値段があがることもあります。査定が下がる時期のもう一つに、モデルチェンジが行われるときというのがあり、旧型のモデルの査定価格は下がります。

大事なのは、この価格が下がる時ですが、モデルチェンジした車が実際発売されるときではありません。発売前にCMなどで流れだしたり広告が出たり、一般の人にもモデルチェンジが広く知れ渡るようになったときです。

≪注目≫ 車を一括査定で高値で売りたい方はこちら ≫
あなたの車、もっと高く売れます!






10


Copyright (C) 自動車査定士が暴露! 車を高く売る方法 All rights reserved  利用規約運営企業