車査定

車の査定のアレコレ お得に買ってくれる買取業者はどこ?

車査定、車を高く売る方法プロに聞く査定を依頼する時のなぜ?
言って得をする言葉?


車の査定なんて、
相場があるのだからどこに出しても同じと思っていませんか?  


日本自動車査定協会が車買取の調査士のために発行しているガイドブックがあります。
査定士は車のどこを見て査定額を決めるのでしょうか?

査定士が見るところは、年式、型、走行数はもちろんですが、車のキズや内装の状態ほか、様々なところを見ます。丁寧に乗っていたかどうかということなど、車の印象も査定の判断のひとつになるようです。

内装の状態も査定額に響いてきます。
大切に乗っていたことがわかる車だと、印象が良くなって査定額アップにつながるといいます。

今までお世話になった可愛い愛車を、言葉で思いっきり査定する人にアピールをして伝えることも大事なのです。口は食べるためにあるのではなくて、喋るためにあるのです。

高い査定額を出してもらえる可能性のあることは、積極的に売る側がアピールしなければダメです。
高い査定額を出してもらうのに繋がるアピールとしては、大事に乗ってきた状況を話したり、定期点検などもきちんとしていたら、その記録簿も用意しておいて査定する人に見てもらいます。

査定に出すときは、書類がきちんとそろっているかどうかも、高額査定のポイントになります。
車本体の取扱説明書や保証証を失くしてしまったなんて最悪です。
印象が悪くなってしまいますし、メンテナンスの履歴が分かる記録も取っておかないと、口で説明しただけではだめです。

また、趣味でパーツを好感した時も、純正パーツを保管しておくことも高額の査定に繋がります。
カーナビを付けたまま売るときは、カーナビの取扱書説明書をつけておくことも印象を良くします。


また、印象を良くして、愛車を少しでも高い査定額で買取ってもらうためには、洗車をしたり、ワックスをかけたり、小さなキズは補修ペンで直したりします。
ワックスがけは面倒で嫌な人でも、最低洗車だけはやっておきましょう。
大きなキズは修理代の方が高くつく場合もあり、そのままにしておくことがおススメです。

そして、車内をキレイにしたり、臭いを取ったり、曇った日や夕方の時間帯を選んで査定してもらったりと、様々な方法があります。それだけ印象を良くしようと苦労してきたのですから、最後、査定士さんとのやり取りの言葉で損をしたのでは、それらの苦労も水の泡です。しっかり自分の車の良さを伝えましょう。

ワンオーナー車や禁煙車ということも査定額アップに繋がりますし、査定士が気が付かない限定車ということもあるようですから、自分からアピールしないと損のようです。

また、検査士は車体番号の確認や冷却水やオイルの量及び汚れの確認他修復歴もみます。
修復歴や事故に遭ったことは今さら隠せません。

車の不具合も隠してもすぐわかってしまうことが多く、正直に言ったほうが得です。
下手に隠すのは印象が悪くなって結果的に損です。

車の細かい部分がどうのこうのより、車の印象が大きく響くようです。
車をどのように使ってきたかも大きなチエックポイントになるのですから、車を手離すときの査定のことを考えれば、日々車を大切に乗ることも大切なようです。

車は、単なる移動手段としてではなく、ファッションの一環としてこだわりを持って乗っている人もいます。そういった人の車はきちんと整備もして丁寧に乗っていますから、査定価格もきっと高額になるはずです。
≪注目≫ 車を一括査定で高値で売りたい方はこちら ≫
あなたの車、もっと高く売れます!






10


Copyright (C) 自動車査定士が暴露! 車を高く売る方法 All rights reserved  利用規約運営企業