車査定

車の査定のアレコレ お得に買ってくれる買取業者はどこ?

車査定、車を高く売る方法プロに聞く査定を依頼する時のなぜ?
言って損をする言葉?


車の査定なんて、
相場があるのだからどこに出しても同じと思っていませんか?  


昔は、自分の車が幾らぐらいで売れるのか、調べようがありませんでした。
車を買う時に、次に買うところの自動車さんのいうままの値段で下取りをしてもらっていました。
それが今では、ネットで素人でもある程度の相場を調べられたり、自分の車が幾らぐらいか、想像がつくようになりました。これぐらいで買ってもらえるかな?と、頭の中である程度金額を予想して、買取の査定をしてもらうでしょう。

しかし、査定をしてもらうときには「いきなり希望金額を言わない」これはもう常識になっています。
自分の間違った判断で自分の愛車の価格安く決めてしまうのは止めましょう。

査定をする人は相場を知っていて価格を言ってきます。それなのに、本人が相場より安い金額を言ったのでは、それ以上の金額で買取ってくれるはずがありません。
あなたの希望の金額を聞いてから、そこにプラスした査定額を付けてもらえるとは考えられません。
そこは上手に駆け引きをしないと損です。

事情があって買取ってもらうのを急いでいても、絶対その様子は見せないようにしましょう。

複数の買取業者に査定を依頼するときは、同じ時間帯に来てもらいましょう。その場で複数の会社に競合させることで査定額を吊り上げられますし、その人たちの一連の会話からも適正額が読み取れたりします。

車に問題の個所があったら全て伝えておかないと、後で重大な問題に発展することもあります。
事故があったことを隠していたり、走行距離改ざんなどはもってのほかですが、重大な嘘が発覚した場合は、支払った金額を全額返還するのはもちろん、賠償金なども払わなければなりません。
査定の時には全てを正直にはなしておきましょう。
売買契約も必ず目を通して納得したうえで契約を結ぶことで、後で大きなトラブルになることが防げます。

欲しい車が見つかったときは新車でも、中古車でもそうですが自動車屋さんに普通に見積もりを出してもらいます。でも、その時は下取りの車はないことにしておきます。
車のセールスの人は、値引き額と下取り額を頭に入れて値段交渉をしてきます。
その方がセールスの人にとっては都合がいいのです。


ですから、セールスの人が下取りはどうしますかと聞いてくることが多いですから、そのときは、弟にくれることになっているとか、従弟に売ることになっているなどと言っておきます。

もしも、査定してもらった買取店で希望の車が見つかったら、「下取りに出そうと思っていたのですが、ところが友達が譲ってくれと言いだして現れて断れなくて」などともっともらしくごまかしましょう。

次に買う車の値段が、下取りありの場合と、ない場合との金額を聞いてから、新しく買う車の値段交渉をする方が得だといいます。
最近は見積もりを出すのを嫌がる自動車さんも増えてきたといいます。

そういう場合は、下取りのありの金額と、ない場合の金額とを、担当者の名刺の裏にでも、担当者にメモをしてもらって、渡してもらうしっかり者もいます。

以上は、次に買う車の値段交渉についてですが、査定額をアップしてもらう対策と共に、次に買う車の値段交渉についてもしっかり頭に中に入れておくことも大切です。

≪注目≫ 車を一括査定で高値で売りたい方はこちら ≫
あなたの車、もっと高く売れます!






10


Copyright (C) 自動車査定士が暴露! 車を高く売る方法 All rights reserved  利用規約運営企業