車査定

車の査定のアレコレ お得に買ってくれる買取業者はどこ?

車査定、車を高く売る方法プロに聞く査定を依頼する時のなぜ?
車をキレイにする?


車の査定なんて、
相場があるのだからどこに出しても同じと思っていませんか?  


車の査定額は印象も大きく左右してきます。
例えば5万キロ走った汚い車より、7万キロ走った綺麗な車だとしたら、当然見た目キレイな車に乗りたいですよね。街を走っている車の中には、いったいどういう人が乗っているんだろう?と思わせるような酷い車もあります。車の汚さで人柄まで疑われてしまいますから、車の見た目の大切さが良くわかります。

そして、査定の時も車の外も中もキレイとなれば、大事に乗ってきたことが査定の人も当然わかりますし、キレイな車となれば次に売るにも良い値段で売れますから、安心して良い査定額が出してもらえるというものです。

大体が、車をキレイにして乗っている人は、車を大事にして乗っていることが多いですから、メンテナンスなどもしっかりして乗っているだろうことが想像されます。
人気のある車の相場が高いように、次に買う人が欲しくなる車に高い査定額が付くのです。

査定に出すときに大慌てでキレイにするのではなく、常日頃からキレイにしながら乗ることをお勧めします。

そして、汚れよりもキズよりも査定額を下げるのが臭いです。
これが一番困りますし、査定額を大きく下げてしまいます。
シートのキズなどは上手に修正する方法があるので、それほど査定額には響かないと言います。

気になる臭いで多いのは、たばこの臭いと、ペットの臭いだそうです。
ペット愛好家の人の車などはペットの臭いと、さらに困るのは、ペットがおもらしをした臭いです。
ペットのおもらしの臭いのきつさは普通ではありません。
ペットの臭いの他に臭いがきついのには、趣味で魚釣りをする人です。
魚釣りの臭いのきつい洋服のままシートに腰をかけて帰ってきた人がいるのですが、臭いが取れなくて困ったそうです。その人の車は布張りのシートなのですが、布張りと革張りでは対処方法が違ってくるそうですが、その人が専門家に教わった臭いの取り方をご紹介します。

洋服に付いた時もそうですが、汚れや臭いは付いたその時の対応の仕方が大切です。
時間がたつほどとりにくくなってしまいます。

一番やってはいけないのは、汚れを落とす前に、市販のシートクリーナーをかけることです。
汚れを落とす前の、臭いの元を取らないうちに使用すると、臭いの成分を固定してしまいます。

布のシートの場合ですが、汚れを落とすには、白いタオルとお湯を用意して、タオルをお湯で浸して拭き取ります。白いタオルに汚れが付かなくなったら、お湯で絞ったタオルに中性洗剤を付けて、指で広げてから汚れの部分を拭きます。最後にタオルをお湯で絞って拭き取ります。
こうすることで表面に付いた汚れの部分はキレイに落ちると思います。

それでも臭いがするときは、プロに相談するのですが、作業が可能か費用はどのくらいかかるかを聞いておきますが、査定額へ影響する額と、臭い消しをプロに出した価格とを考えると、どちらに出した方が良いのかは微妙なところと言えます。

言えるのは、酷い臭いは確実に査定額が下がるということです。

≪注目≫ 車を一括査定で高値で売りたい方はこちら ≫
あなたの車、もっと高く売れます!






10


Copyright (C) 自動車査定士が暴露! 車を高く売る方法 All rights reserved  利用規約運営企業